ブログ

ホームページ制作 福岡 > ブログ >SNS >企業様のSNS投稿の3つのPOINT~Instagram編~

企業様のSNS投稿の3つのPOINT~Instagram編~

SNS
サムネイル画像

初めまして。ソースクリエイトのたけやんです。

いきなりですが、皆さんは日ごろSNSを見ていますか?

私は、暇さえあればInstagram、Twitter、Facebook、TicTokを開いてみています。

一体、1日どのくらいSNSを見ているのだろう?と思い、iPhoneの「スクリーンタイム」を確認すると、1日平均2時間見ていました👀(しっかり仕事はしていますよ笑)

通勤中や、テレビを見ながら、寝る前・・・SNSは日常の一部になっていますね。

じゃあ何でそんなにSNSを見てるの?

理由としては、、、「特にありません」

えー!と思いますよね、何で見ているんだろうと色々考えたのですが

「特にないな」の一択でした。

でも、何気なく観ているSNSで情報を得ています。

「あ、ここに新しい居酒屋さんが出来たんだ」

「この服かわいいな」

「このレシピ今度作ってみよう」

と思った投稿を保存し

後日、その投稿を開いて、そのお店に行ったり購入したり作ったりします。

「知らなかったことを知る、そして行動する」

この流れを、SNSを見ている中で自然に行っているのです。

SNSは「ユーザーの認知度獲得」には、確実に必要なものだと

たけやんは考えております!

と言われても、実際にSNSでの発信ってどうしていいかわからないですよね。

そこで毎日2時間SNSを見て、情報を得ているたけやんが

「ここだけは押さえておきたい投稿のPOINT」をこっそりとご紹介したいと思います。

その前に!

まずは、各SNSの特徴を、ざっくりと説明していきますね。

「各SNSの特徴」

▸Facebook

Facebook

実名登録が必須で、ビジネスで活用されることが多いのが特徴です。

利用者数が減っている印象ではありますが、Messengerでやり取りをしたりするユーザーも多く、今も実用されているSNSになります。

2021年11月に「Meta」という会社名に変更されました。

利用ユーザー層

月間アクティブユーザー数:2,600万人

年齢層:30代~50代

▸Instagram

Instagram

Facebookの傘下にあるInstagram。

「インスタ映え」という言葉が誕生した媒体です。

その為、クリエイティブのクオリティーにはかなり注意が必要となります。

ただの写真を投稿するだけでは、浮いてしまい、あまりファンが付かないかも。

Instagramでフィルターの変更は必須です!(加工アプリもおすすめですよ)

利用ユーザー層

月間アクティブユーザー数:3,300万人

年齢層:10代~40代 ※10代と20代が半数を占める

▸Twitter

Twitter

リツイート機能や、いいね機能などがあり、拡散力の強さが特徴で

「バズる」という最大の武器がありますが、炎上しやすい媒体でもあります。

ツイートする際は、細心の注意が必要ですね。

しかしリツイート力は凄まじいので、運用次第では一番拡散できるSNSになります。

※「PPAP」で有名なピコ太郎も、ジャスティンビーバーがツイートしたのをきっかけで、一時期世界で有名になりましたね。

利用ユーザー層

月間アクティブユーザー数: 4,500万人

年齢層:若年層だけでなく、幅広い年代に利用されている

▸TicTok

tiktok

2018年に登場した「短編動画プラットフォーム」のTicTok

簡単に動画を加工・編集が出来るので、特別な知識がなくても

しっかりした動画を投稿することが可能です。

また流行りのダンスを踊ったり、メイクのビフォーアフターを撮ったり、ユーザーと親しみやすい媒体になります。

最近では「め組の人」のダンスが流行り、2010年に倖田來未がリリースした楽曲が

2018年に1位になったのも有名ですね。「めっ✌」

利用ユーザー層

月間アクティブユーザー数: 4,500万人

年齢層:若年層だけでなく、幅広い年代に利用されている

このように、各SNSで色んな特徴があります。

今回はその中でも「Instagram」でのここだけは押さえておきたい投稿の3つのポイント

お伝えしていきますね。

※この3つは必ず押さえよう!Instagram投稿のポイント※

その①

~投稿するクリエイティブには統一感を持たせましょう~

投稿するクリエイティブの雰囲気(使うテキストの色やフォント、フィルターの種類など)には、統一感が必要です。

昨今「タグる」から「アカる」と、アカウントを見るユーザーが増えてきています。

アカウントを見たときに、投稿の雰囲気がバラバラだと、ユーザーにはいい印象が与えられません。

せっかく投稿を頑張っていても、フォローされない、またはいいねをされず

投稿しても意味がないのではないか。と感じてしまいます。

なので、運用を始める前には、投稿するときの決まりを決めておくことが大切です。

その②

~投稿には必ずハッシュタグをつけましょう~

「アカる」という言葉も出てきていますが、やはりここは「タグる」

Instagramの強みでもあるハッシュタグですね。

ユーザーはInstagramのタグを検索して、色々と情報を得ています。

なので投稿にあったハッシュタグをつけいると、検索したユーザーに投稿を見てもらうことが出来ます。(フォローしているユーザーにしか投稿が見られないのは悲しい、、)

毎回の投稿で変える必要はありません!決めてしまえばコピペで大丈夫です。

ハッシュタグのコツとしては「会社名や商品名」「地名」「投稿の内容」「類似する言葉」で

実際に「Instagramでどのくらい投稿があるか」を、検索してみて決めていくことです。

例:不動産の投稿

#会社名#福岡不動産#福岡物件#物件探しは会社名#マンション#中古#リノベーション#一人暮らし##お部屋探し#間取り#物件#仲介#売却#物件探し#不動産屋#引っ越し#見学会#見学会開催#見学会予約

その③

~ストーリーやliveなど動画も活用していきましょう~

ただ画像を投稿していくだけでなく、動画やストーリーを使って、より多くのユーザーに

企業様の情報を与えることが大切です。

不動産であれば、物件の中を撮影したり、エステであれば、ビフォーアフターを載せたり

画像では伝わりにくいことを、動画で投稿していきましょう。

ある企業様では、社内の様子や社員の紹介を載せて、求人に役立てている企業様もあります。

まとめ

いかがでしたか?

日頃Instagramを見ていて、たけやんが必要だと考える投稿の3つのポイントです。

ぜひこの3つのポイントを意識して、これからの投稿をしてみてください♪

企業でのSNS活用が上手くいけば、発信した情報をフォローしているユーザーが拡散してくれたり

商品に対してのコメントや、口コミを投稿してくれたりすることで、一気に認知度の向上が見込められます。

しかし、すぐに効果が出ないことも確かです。

SNS運用は、中長期的な期間が必要となっていきます。(長い戦いです)

始めてみたけどなかなかフォロワーが増えない。

毎日投稿しているのにいいね数が少ない。

もう投稿するネタが尽きた。

早くSNSの効果を出してねと、上から要求をされている。など

色々なお悩みを持たれている企業様が多いのではないでしょうか。

今回はInstagramのお話になりましたが、他のSNSに関しても、どのような投稿内容、活用方法がいいのかを、たけやんは日々研究をしております。

なぜなら企業がSNSを活用していけば、必ず結果が出ると思っているからです!

企業様のSNS運用の困ったを、たけやんは解決していきたいと考えています。

まだSNSを始められていない企業様も、いまSNSを投稿しているけどいまいち結果がでないなど

運用でのお困りごとがあれば、ソースクリエイトのたけやんにお任せください!

共に投稿の内容や、SNSの活用方法を考えていきましょう!

また今後もSNSの運用方法については、記事を上げていくので

是非ともブックマークをよろしくお願いします☺

SNSの可能性は無限です。

各企業様のSNS活用が活発になることを目標に、今日もたけやんはSNSを見ていきます👀

ご要望を踏まえた
「最適な提案」と「費用対効果」の高い
ホームページを試してみませんか?